News Letter TOP

ATR News Letter 第36号 2018年 5月 17日発行

いつもATRの事業活動にご理解、ご支援をいただきありがとうございます。
研究開発および事業開発の最新のトピックスをお届けします。


▼ トピックス ▼

≪研究開発≫
  • 【プレスリリース:2018.3.6】米国科学アカデミー紀要オンライン版掲載
    二重盲検により恐怖記憶緩和の効果を証明 ~レディメード脳情報解読によるニューロフィードバック法~
    ATRとカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)の国際研究チームが、ニューロフィードバック法で得られる効果はプラセボではないかという批判を払拭しました。
    http://www.atr.jp/topics/press_180306.html

  • 【プレスリリース:2018.3.26】
    国内初、50台の「5G」タブレットを活用し、スタジアムでの4K高精細映像の同時配信に成功。
    KDDIとATRは、スポーツ観戦などスタジアムにおけるエンターテインメントの高度化を目指します。
    http://www.atr.jp/topics/press_180326.html

  • 【プレスリリース:2018.3.29】
    ATRと㈱モバイルテクノが、複数周波数帯の無線チャネルを用いて同時伝送を行う無線LAN技術の有効性を基礎実験により確認。本技術により、これまで無線LANの速度低下が発生していた場所でも、より高速で安定した通信が可能になります。
    http://www.atr.jp/topics/press_180329w.html

  • 【プレスリリース:2018.3.29】「Disease Models & Mechanisms」オンライン速報版掲載
    新しいゼブラフィッシュ腫瘍モデルを用いて腸の腫瘍が肝臓に作用するメカニズムの一端を解明。
    生体や臓器への影響を制御しながらがんと共存できるような治療法の開発へと繋がることが期待されます。
    http://www.atr.jp/topics/press_180329.html

  • 【プレスリリース:2018.3.30「Cell Press】iScience」オンライン速報版掲載
    ATRとKarydo TherapeutiX㈱が、多様なヒト疾患モデルにおける全身網羅的多器官遺伝子発現地図を完成。
    本地図の活用により、更に多くの疾患予測・診断バイオマーカーや疾患治療ターゲットの発見、それらを基盤にした診断方法及び治療薬の開発が期待されます。
    http://www.atr.jp/topics/press_180330.html

  • 【受賞:2018.4.17】
    国際的に特段に優れた研究業績をあげ心理学の発展に寄与したとして、ATR脳情報通信総合研究所の渡邊武郎招聘客員室長が、公益社団法人日本心理学会・国際賞特別賞を受賞することとなりました。
    http://www.atr.jp/prize/prize_content_j.html#x20180417

  • 【アウトリーチ:2017.11.1】
    日本医療研究開発機構(AMED)からの委託研究「脳科学研究戦略推進プログラム」の重要成果としてデータベース「Open-Access Decoded Neurofeedback Project Brain Data Repository」を公開しました。
    http://www.atr.jp/prize/prize_content_j.html#x20180417

≪事業開発≫
  • 【プレスリリース:2018.1.24】
    ブルーイノベーション㈱が、けいはんなATRファンドから追加出資を受け、ドローン統合管理プラットフォームの開発促進にATRと共同で取り組みます。

  • 【プレスリリース:2018.2.6】
    エイアイビューライフ㈱が、けいはんなATRファンドからの出資を得て健康ソリューションを提供する技術の開発にATRと共同で取り組みます。

  • 【製品リリース:2018.3.27】
    ATR Learning Technologyが、iOS, Android対応の発音練習用アプリ「ATR CALL発音教室」と、「ATR CALL BRIX ver. 10」及び新たな英検コース(5級~準1級対応)をリリースしました。


≪けいはんなリサーチコンプレックス関連≫
ATRは「けいはんなリサーチコンプレックス(RC)事業」で、事業化支援・イノベーションハブ推進活動の中核を担っています。
http://keihanna-rc.jp/



▼ Editor's Note ▼

新年号を発行以来、約4か月ぶりのATRニュースレターになります。
年明け以降(特に3月)多岐にわたる報道発表を行い、嬉しい気持ちになりました。
今後もATRの研究、事業化活動等について情報発信してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。


このメールは、ATRからの案内をご希望された方、名刺交換をさせていただいた方、オープンハウスやセミナーに参加いただいた方、OBの方にお送りしています。
配信停止・連絡先変更を希望の方は下記問い合わせ先メールアドレスにご連絡ください。
メールタイトルに「案内不要」または「連絡先変更」とつけてお送りください。

◆お問い合わせ
 letter at atr.jp (atは@にしてください)

◆ATRプライバシーポリシー
 http://www.atr.jp/info/privacy.html


株式会社国際電気通信基礎技術研究所 ATR News Letter担当
〒619-0288 京都府相楽郡精華町光台二丁目2番地2
(けいはんな学研都市)
TEL:0774-95-1176 FAX:0774-95-1178
http://www.atr.jp/


Copyright(c)2018 株式会社国際電気通信基礎技術研究所