プレスリリース

平成21年2月10日

脳科学研究戦略推進プログラム公開シンポジウム運営委員会
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
大学共同利用機関法人自然科学研究機構 生理学研究所

日英ブレイン・マシン・インターフェース国際ワークショップ開催と
「日英BMI研究の現状と将来展望」レクチャー会のご案内

科学研究戦略推進プログラム公開シンポジウム運営委員会は、2月12日(木)に有楽町朝日ホール(東京都千代田区) において、文部科学省、英国大使館共催のもと、脳科学研究戦略推進プログラム第1回公開シンポジウムの一環として 「 日英ブレイン・マシン・インターフェース国際ワークショップ 」を開催致します(http://www.kuba.co.jp/BMI/)。 文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム課題A・課題B(ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の開発) の最新研究成果を披露させて頂くと共に、ブレイン・マシン・インターフェース研究の先端をいく英国から、 最新の研究成果を報告いたします。

公開シンポジウム開催を記念し、金澤一郎先生(日本学術会議会長)、Professor John Beddington (英国政府主席科学顧問兼科学技術局長)、中西重忠先生(大阪バイオサイエンス研究所所長、 文部科学省脳科学研究戦略推進プログラムディレクター)、Professor Colin Ingram(ニューカッスル大学  神経科学研究所長)より、開会のご挨拶を頂きます。

さらに、下記の内容にて、レクチャー会を開催いたします。その際に本ワークショップの成果として、 日英の研究協力をさらに推進すべく、共同声明文も発表致します。
ご多用中とは存じますが、ぜひご出席頂きますようご案内申し上げます。


レクチャー会
日 時
場 所
内 容


予定資料
出席予定者






その他
平成21年2月12日(木)  13:00~14:00
有楽町朝日ホール スクエア一角
日英ブレイン・マシン・インターフェース国際ワークショップ開催趣旨
現在進行中の研究プロジェクト最新成果の報告
今後の両国間の研究協力の展望について
現在進行中の最新研究プロジェクト資料、日英研究協力に関する声明文他
プログラムディレクター 中西重忠(大阪バイオサイエンス研究所)
プログラムオフィサー 赤澤智宏(東京医科歯科大学)
プログラムオフィサー 陣上久人(京都大学)
課題A拠点長 川人光男(国際電気通信基礎技術研究所 脳情報研究所)
課題C拠点長 伊佐正(自然科学研究機構 生理学研究所)
Professor Colin Ingram (Newcastle University)
Professor Stuart Baker (Newcastle University)
同時通訳有
以上

添付資料 日英ブレイン・マシン・インターフェース国際ワークショップ プログラム
*すでに一般申し込み受付は終了しましたが、報道関係者の皆様は別枠にてご参加頂けます。


問い合わせ先
脳科学研究戦略推進プログラム公開シンポジウム運営委員会 事務局
〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町西郷中38
大学共同利用機関法人自然科学研究機構内
電話:0564-55-7803 FAX:0564-55-7805
http://brainprogram.mext.go.jp/

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)経営統括部 広報担当 野間・福森
〒619-0288 京都府相楽郡精華町光台2-2-2
電話:0774-95-1172 FAX: 0774-95-1178
http://www.atr.jp/index_j.html

大学共同利用機関法人自然科学研究機構 広報展開推進室 准教授 小泉周
〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町西郷中38
電話:0564-55-7722 FAX:0564-55-7721
http://www.nips.ac.jp/