ATRのあゆみ

年表
1986年 3月 株式会社国際電気通信基礎技術研究所設立
大阪ビジネスパーク 
4月 4研究所設立
 ㈱ エイ・ティ・アール通信システム研究所(1986~96年)
 ㈱ エイ・ティ・アール自動翻訳電話研究所(1986~94年)
 ㈱ エイ・ティ・アール視聴覚機構研究所(1986~94年)
 ㈱ エイ・ティ・アール光電波通信研究所(1986~96年)
1989年 4月 本研究所開所 (けいはんな学研都市第1号入居者)
1993年

1996年
3月 研究所体制改組
 ㈱ エイ・ティ・アール人間情報通信研究所(1992~2001年)
 ㈱ エイ・ティ・アール音声翻訳通信研究所(1993~2000年)
 ㈱ エイ・ティ・アール知能映像通信研究所(1995~2001年)
 ㈱ エイ・ティ・アール環境適応通信研究所(1996~2001年)
2000年 4月 音声言語通信研究所設置(2000~2001年)
2001年 10月 1社体制に改組
ファンディング・スキーム変更 (KTCからTAOへ)
音声言語コミュニケーション研究所(2001~2010年NICTに継承)
適応コミュニケーション研究所
人間情報科学研究所(2001~2006年)
メディア情報科学研究所
2002年 10月 知能ロボティクス研究所設置
2003年 5月 脳情報研究所設置
2004年 3月

11月
波動工学研究所設置
ネットワーク情報学研究所設置(2004~2006年)
研究成果展開のための子会社 「㈱ ATR-Promotions」 設立
2005年 1月
8月
㈱  ATR-Robotics 設立
㈱  ATR-Waves,㈱ ATR-Lang設立
2006年 4月
5月
認知情報科学研究所設置
知識科学研究所設置
ファンディング・スキーム変更 (マルチ・ファンド方式に移行)
2007年 5月
7月
10月
株式会社フュートレックと音声認識・翻訳事業を行う共同出資会社「㈱ ATR-Trek」を設立
ショッピングセンターでロボビーによる案内実験
三次元音響空間を共有する技術を開発
2008年 4月

12月
株式会社内田洋行と語学教育の共同出資会社「ATR Learning Technology㈱」を設立
文部科学省の脳科学研究戦略推進プログラムのBMI中核拠点に採択
ヒトの脳活動パターンから見ている画像の再構成に成功
2009年 2月
3月



9月
山城自動車教習所と自動車運転技能システムを開発、事業化する会社を設立
ATR けいはんな開所20周年記念式典を開催
考えるだけでロボットを制御できるBMI技術を開発
      (HONDA、島津製作所共同研究)
「音声認識・翻訳技術」および「超臨場感通信技術」の研究を独立行政法人情報通信研究機構に承継
回転角速度依存信号が検出できる半導体レーザジャイロチップの開発に世界で初めて成功
2010年 4月
4、8月
10月
2総合研究所体制に改組
遠隔操作アンドロイド「ジェミノイド™F」「テレノイド」を開発
「脳活動計測で指先の動きをPC上に正確に再現する技術開発」に成功
2011年 3月

6月
11月
人の存在感を効果的に伝えるデザインを採用した携帯型の遠隔操作アンドロイド「エルフォイドP1」を開発
ATRのこれまでの研究業績に対して平成23年度情報通信月間総務大臣表彰を授与
ATR創立25周年記念式典を開催
2012年 4月
6月

10月
11月
声と鼓動で話し相手の存在感を伝える抱き枕型の通信メディア「ハグビー®」を開発
加速度・角速度センサ、地磁気センサ、気圧・温度センサ、ADコンバータを搭載した 小型無線多機能センサ(TSND121)の販売開始(ATR-Promotions)
使いやすいデザイン」として『Image Finder』に高い評価を獲得 -グッドデザイン賞受賞-(ATR Creative)
ネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース(BMI)の一般生活環境への適用可能性を確認
2013年 1月
4月
5月

9月
10月

11月
高齢者・障がい者の生活支援・社会参加の促進を目指す、スマホ感覚で使えるロボットサービスを実証
睡眠中の脳活動パターンから見ている夢の内容の解読に成功
脳科学及びその周辺領域の計測・実験ノウハウを活用した人に関わる計測・実験サポートサービスの提供を開始(ATR Promotions)
電波干渉計算モデルを採用した製品が発売されました
抱き枕型通信メディア「ハグビーR」によるストレスを軽減する効果があることを体内のホルモンの変化から明らかに
農業とICTの連携による新たなライフ・イノベーションを実現する研究開発に着手
2014年 2月
3月
5月
9月
11月

12月

運転者の「運転状態」を見える化する技術を開発
車いす型ロボットを用いた被介護者の移動支援を半自動化する取り組みのデモンストレーションを公開
無線チャネルの使用状況を常時観測して、利用可能なアプリケーションの種類と数を予測し、これに応じた通信制御を可能とする新しい無線LANシステムを開発
ロボットが街角環境に調和してサービスを提供する技術を開発
漏洩同軸ケーブルを用いたMIMO伝送技術を開発
細切れの周波数帯を活用した無線通信に実環境で成功
日常生活の支援を可能とするネットワーク型ブレイン・マシン・インタフェース(BMI)の技術開発に成功
2015年 1月



2月


3月
6月
7月


8月
10月




12月

安静にしているときの脳活動から作業記憶トレーニング効果の個人差を予測することに成功
ブレイン・マシン・インタフェース技術と動作を支援する外骨格ロボット技術を組み合わせることによる新しい脳機能理解に向けた方法論を提案
内閣府科学技術政策担当 山口俊一大臣がATRを視察
産業革新機構(INCJ)と、脳情報科学やライフ・サポートロボット、無線通信等を中心とした分野におけるオープンイノベーション推進に向けた相互協力協定を締結
けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合を設立
脳の配線図を変更し、長期間維持するニューロフィードバック学習法の開発に成功
国立循環器病研究センターと共同研究契約を締結
けいはんなATRファンドの出資を受けた第1号ベンチャー企業、㈱テレノイド計画が「テレノイド™」を用いた事業を開始
霊長類の二次視覚野の情報処理を理論的に解明
研究基盤としてのアンドロイド「ERICA(エリカ)」を新たに開発
「けいはんなATRファンド」の出資を受けるブルーイノベーション(株)と共同で複数のドローンを遠隔で制御する次世代型プラットフォームの開発を世界に先駆け開始
ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクトの研究成果の事業展開を目的とした新会社「Karydo TherapeutiX 株式会社」が設立
関西で初となる無人航空機(ドローン)専用の飛行場「JUIDA・ATRけいはんな試験飛行場」が開設
脳活動から予測したシーンを解読
短期と長期の運動記憶の画像化に成功
2016年 4月


6月



7月
自閉症を脳回路から見分ける先端人工知能技術を開発
ATR、サントリーグローバルイノベーションセンター、Karydo TherapeutiX、化合物の生体作用に関する共同研究を開始
長期的な視覚課題の訓練によって脳の異なる場所に2種類の異なる変化が起こることを人工知能技術によって解明
ユカイ工学(株)と「自然な会話を実現する家庭内ロボット」の共同開発を開始
細胞の「かたち」が運命を決定する新しいメカニズムを解明
白黒の画像に色の見えを作り出す技術を開発