プレスリリース


アイディア株式会社とATR、「簡易な船舶航行支援システム」の共同開発に着手
2017年 10月 23日
アイディア株式会社
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合
日本ベンチャーキャピタル株式会社(NVCC)

アイディア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:下川部知洋、以下「アイディア」)と株式会社国際電気通信基礎技術研究所(本社:京都府相楽郡精華町、代表取締役社長:浅見徹、以下「ATR」)は、けいはんなATRファンドの出資を得て、船舶航行支援システムを共同で開発することに合意しました。 ATRが開発したユビキタスネットワークロボット(以下「UNR」)プラットフォーム技術※1を応用した「多数の船舶の航行を支援する技術」で、将来、多くの船舶が往来する港湾などの安全を確保するためのキーテクノロジーとなります。


 アイディアは、船舶の操船を支援する船舶動静共有航行支援システムの開発を行い、既存の電子装備機器(AIS、レーダー、GPS Plotter、無線など)に代わる新たな船用システムとしての普及を目指しています。このシステムにATRの研究開発成果であるUNRプラットフォーム技術※1を組み合わせることで、多くのIoTデバイス(スマホ等)からのデータ連携の安定稼働と操船者への分析処理結果のリアルタイム提供を可能にする新たなシステムを開発するとともに、船舶航行分野での新たな支援システム利用の普及促進を検討してまいります。
なお、本取組みに当たり、アイディアは「けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合(けいはんなATRファンド)」※2からの出資を得ます。

※1) UNRプラットフォーム・・・商業施設・病院・家などのさまざまな場所における人々の活動を支援することを目的として、ロボット、スマートフォンアプリ、環境センサがネットワークを介して連携して、人々にサービスを提供するためのソフトウェアプラットフォームです。本研究は、総務省委託研究「ネットワーク・ヒューマン・インターフェースの総合的な研究開発(ネットワークロボット技術)」、「ライフサポート型ロボット技術に関する研究開発」、「ユビキタスネットワークロボット・プラットフォームによる介護施設における高齢者の見守り・移動支援サービス実証事業」の成果です。
※2)けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合・・・ATRが有する技術シーズの事業化を目的に、日本ベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥原主一、以下「NVCC」)が無限責任組合員として2015年2月に設立したファンドで、株式会社産業革新機構をはじめ、株式会社新生銀行、株式会社京都銀行等の民間金融機関 や住友電気工業株式会社、KDDI 株式会社等の事業会社が出資を行っています。


【アイディア株式会社】
事業内容 「船舶動静共有航行支援システム」の研究・開発・運用・サービス提供を行います。また、将来的には、AIによる船舶航行管制
(シーナビゲーション・自立航行船など)機能を強化し、船舶のドローン化の実現と、世界の標準化に向けて活動しています。
本社東京都港区赤坂2-20-5 デニス赤坂6F
代表者下川部 知洋
電話番号050-3570-2614
担当窓口下川部 知洋
Webサイトhttp://aidea.biz(2017年10月末日公開予定)
E-mailinfo@aidea.biz

【株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)】
事業内容脳情報科学、ライフ・サポートロボット、無線通信などの情報通信分野と生命科学に関する研究開発及び事業化
本社京都府相楽郡精華町光台二丁目2番地2(けいはんな学研都市)
代表者代表取締役社長 浅見 徹
担当窓口経営統括部 企画・広報チーム
電話番号0774-95-1176 FAX番号:0774-95-1178
E-mailpr@atr.jp
Webサイトhttp://www.atr.jp/

【日本ベンチャーキャピタル株式会社(NVCC)】
事業内容ベンチャーキャピタル業
本社東京都千代田区丸の内2丁目4番1号 丸の内ビルディング34階
代表者代表取締役社長 奥原 主一
電話番号03-6256-0230(受付/土日祝日除く9:00~17:00)
担当窓口NVCC投資部門 清水
Webサイトhttp://www.nvcc.co.jp/
E-mailinfo@nvcc.co.jp