プレスリリース


2018年3月26日 

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
KDDI株式会社
株式会社KDDI総合研究所

国内初、50台の「5G」タブレットを活用し、スタジアムでの4K高精細映像の同時配信に成功
~スポーツ観戦など高速・大容量通信によるエンターテインメント高度化を実現~

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(本社:京都府相楽郡(けいはんな学研都市)、代表取締役社長:浅見 徹、以下 ATR)、KDDI株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司)、株式会社KDDI総合研究所(本社:埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長:中島 康之)は、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G)に対応した50台のタブレット端末を活用し、スタジアムにおける4K高精細映像の同時配信(以下 本実証試験)に国内で初めて成功しました。


スタジアムでタブレットをつかった自由視点映像を5Gで伝送している風景

本実証試験は、2018年3月5日から2018年3月9日まで、沖縄県の沖縄セルラースタジアム那覇(沖縄県那覇市奥武山町42番地1)で実施しました。
スタジアムにおけるエンターテインメント高度化実現に向けては、スポーツ観戦、コンサート映像など高精細な大容量映像のモバイル端末や大型スクリーンへのリアルタイム伝送による新たな体験価値の提供が期待されています。既存のモバイル通信では実現が困難であった多数の観客に向けた大容量映像の同時配信が「5G」を活用することで可能となります。
本実証試験では、沖縄セルラースタジアム那覇の観客席に28GHz帯の実験システムを用いたエリアを構築し、映像視聴端末として50台の「5G」タブレット端末を設置しました。「5G」の特徴である高速・大容量通信を活用することで、これらの端末に対して4K高精細映像の同時配信に成功しました。
今回の実証試験は、サムスン電子の「5G エンドツーエンドソリューション」を用いて実施しており、「5G」タブレット端末の国内での使用は初めてとなります。
なお、本実証試験は、総務省の技術試験事務における「5G」総合実証試験(注2)として実施しています。

KDDIは実証試験を通じて、「5G」を活用したスタジアムエンターテインメントの実現に向けて「自由視点映像のリアルタイム配信」など高度な映像伝送技術の実現を目指していきます。

(参考)各社の役割

1.ATR
総務省の技術試験事務における「5G」総合実証試験の請負(注2)。
<ATRの概要>
所在地 :京都府相楽郡精華町光台二丁目2番地2(けいはんな学研都市)
事業内容:脳情報科学、ライフ・サポートロボット、無線通信などの情報通信分野と生命科学に関する研究開発及び事業化
代表者 :浅見 徹
URL  :http://www.atr.jp/

2.KDDI
「5G」のエリア設計・評価。

3.KDDI総合研究所
4K高精細映像配信システムの開発。

(注1)KDDI調べ。「5G」の高速・大容量通信を活かし、実スタジアムにおいて「5G」タブレット50台への4Kコンテンツの同時配信。
(注2)電波を有効に利用できる実現性の高い技術について技術的検討を行い、その技術の早期導入を図ることを目的として、総務省が
   「技術試験事務」を実施しています。詳細は下記をご覧ください。
   http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/fees/purpose/tectest/