脳情報科学

脳機能の知見に基づく最新のブレインマシンインタフェース (BMI) 」を開発し、すべての人が利用できる革新的な技術基盤を確立します。

脳情報研究所:CNS

–計算理論に基づいて脳機能を解明する–
私たちは、計算論的モデリングを通じた脳機能の理解を踏まえた、ブレインマシンインターフェース(BMI)の開発を目指しています。これにより、人工知能の発展や人の運動機能の回復の実現などの臨床応用につながることが期待されます。


認知機構研究所:CMC

–高次脳機能を解明する–
最先端の脳活動計測法やニューロフィードバックによる脳活動の操作を用いて人間の高次機能を解明し、コミュニケーション支援や使い易いインタフェースの開発をめざしています。


脳情報解析研究所:NIA

–統計科学、機械学習を用いて脳と人工知能との共創を実現する–
統計科学や機械学習に基づいた脳機能を理解するための手法の開発、それによる脳と人工知能との類似性、相違性の解明、また、脳科学に基づく人工知能の開発をめざしています。